自己破産する人が連帯保証人になっている場合どうなる?体験談と解決策




自己破産をする人が連帯保証人となる場合にどうなるのか悩みますよね。

自己破産をする人が連帯保証人になっていたという場合どうなるのかどうすべきか早めに知り解決したいですね。

そこで自己破産をする人が連帯保証人になっている場合の体験談と解決策をお送りします。

自己破産をして保証人になっていたの体験談1

質問

自己破産して、連帯保証人になっていた場合、どういった対処法があるのでしょうか。

回答

日本学生支援機構の奨学金ではありませんか?

機構の奨学金なら連帯保証人は原則父または母ですから、叔父・叔母(伯父・伯母)なら「保証人」と案りますよ。
延滞した場合はまず連帯保証人となっている人物に対して返還を請求となります。

本人・連帯保証人の双方が支払えなくなったときに、保証人に返還を請求しますよ。

順番としては「連帯保証人」、「保証人」の順に請求されますから、いずれ請求が来るかもしれませんね。

自己破産したら連帯保証人が支払うのは?の体験談2

質問

友人の保証人になっているのですが 友人が自己破産したら 元金だけ返したらいいのでしょうか。

回答

連帯保証人であれば利息も含みますよ。

利息込みで支払ってください。

自己破産する時の連帯保証人の体験談3

質問

親父が自己破産することになりました。

連帯保証人になっていたために年金自給者で1000万の借金が返せないからです。

母親のために親父名義で新古車買っていてまだローン中となります。

まだ4年半ほどあります。

このまま自己破産してしまうと車がなくて生活に支障があるために車は必要ですね。

一括で払い名義変更すればいいでしょうが、手持ちがないのでできません。
私も住宅購入したので手持ちがないです。

息子の私が支払うという名目で債務を私に変更して、実際は年金で払うということはできないのですか?

回答

新古車でなければ、生活に支障が出てしまいますか?
他の安い車を新たに購入する資金提供くらいはできないのですか?

現在使用している新古車に関しては、所有権が留保されていると思います。

破産手続きを取るのであれば、ローン会社のほうで引き上げになるでしょう。

自己破産時、時価で20万円以上の価値があるようならば、清算対象となってしまうのですが、それ未満であれば財産と評価で手元に残せるです。

 

自己破産をする場合連帯保証人になっていると大変ですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です