自己破産後に連帯保証人はどうなってしまうの?体験談と解決策




自己破産後に連帯保証人はどうなってしまうのか悩みますよね。

自己破産後の連帯保証人について不安を払拭するために詳しい状況が知りたいですね。

自己破産後に連帯保証人がどうなるのか体験談と解決策をお送りします。

自己破産後連帯保証人は支払う必要がある?の体験談1

質問

一年前に自己破産したのです。

その後私が、連帯保証人になって居る友人が家賃を滞納していたのが発覚しました。

管理会社の弁護士より請求をされてしまっています。連帯保証人には自己破産の約1年前になって居ます。

これは支払いしないといけないのですか?

自己破産の時にはこの連帯保証人の件は忘れていて、リストには入れてありません。

回答

払わないといけません。

相手方を債権者として提出していなかったのです。
非免責債権ですので支払の義務があります。

住宅ローンの連帯保証人になり自己破産された・・・の体験談2

質問

主人名義の住宅ローンの連帯保証人になった3年後自己破産をしたのです。

その後離婚しました。

前主人がローンを滞納した場合その連帯保証は免責されませんか?

回答

自己破産の申し立て時に、住宅ローンの連帯保証人であることを記載することになります。

記載していますか?

保証人として負っている保証債務も立派な借金です。

自分の借金ではないのだから、自己破産の手続きとは関係ないと思われるかもしれませんね。

もし自己破産の申し立て時に申告していなかったら、免責されないことになる可能性もあるでしょう。

連帯保証人が自己破産したら・・・?の体験談3

質問

奨学金の申請後に連帯保証人になってる人が自己破産した場合どういう状況になるりますか?

回答

保証人を変更するよう言われます。
言われなければ変更する必要もないです。

貴方がしっかり返していけば問題ありませんよ。

 

自己破産後連帯保証人は困ってしまうでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です